浮気や不倫の調査依頼のメリットは 早期発見!早期解決!

パートナーが同性と浮気した時

パートナーが同性と浮気した時


同性愛は個人の自由。


ただし既婚者が同性と付き合った場合は不倫なのかどうか。


心情的な問題は色々あるでしょうが法的にはどうなるのでしょうか


不倫=法的には不貞行為


不貞行為とは、いわゆる浮気のこと

法的には浮気とはいわずに不貞行為という表現が用いられます。


不貞行為とは、

配偶者がある人が配偶者意外の異性と

性行為を結んだ場合に不貞行為と認定されることになります。


夫或いは妻が同姓と浮気しても不貞にはならない


「不貞行為」とは、男女間の性交渉


「不貞行為」とは、男女間の性交渉であり、

性交渉を伴わない男女の密会等は「不貞行為」には該当しない。


また、通常、「不貞行為」が離婚事由となるためには、

一回だけではない反復した「不貞行為」が必要とされる。


「配偶者以外の異性」ですから、

同性愛というのは、法律上の不倫、不貞行為に該当しません。


同性愛は現行の法律では不貞行為として認定されることはありません。


不貞行為とはあくまで

異性と性行為を結んだ場合に認定されるものであって、

同性愛はこの範疇外なのです。


パートナーが同性とどれだけ継続的に浮気をしていたとしても、

それを理由に不貞行為を理由とする離婚請求をすることはできないわけです。


単に配偶者が同性愛者であるというだけでは離婚事由にならない


妻が夫がゲイであることを納得したうえで

結婚したのであればあまり問題にはならない


770条には「不貞な行為」についての具体的な定義はなく、

もちろん同性愛についての記載もない。


その内容は法律家の解釈に委ねられている


同姓と浮気してるパートナーと離婚するには


婚姻を継続し難い重大な事由 による離婚請求が可能です


離婚請求が認められる事由には、

不貞行為以外にも、婚姻を継続し難い重大な事由による

離婚請求が可能ですので、

パートナーの同性愛を婚姻を継続し難い重大な事由として

離婚請求をすることが可能でしょう。


法律上の不倫、不貞行為には該当しなくとも、

民法に定められた「婚姻を継続し難い重大な事由」に該当し、

離婚原因にはなる可能性がありますから、

配偶者から離婚を請求されることはあり得ます。


同性が相手の「不倫」でも不貞行為とみなされる可能性はある


異性間の肉体関係でなくとも、

それに準ずるような関係を第三者と持つ行為で、

『婚姻共同生活の平和の維持』という権利又は利益を侵害する行為については、

不法行為になる可能性や、不貞行為と判断される可能性がある


立証さえできれば、離婚請求・慰謝料請求も可能


立証の問題さえクリアできるのであれば、

配偶者が『同性の相手』と不倫した場合も、

不貞行為にあたるとして離婚できる可能性、

不法行為にあたるとして慰謝料請求が認められる可能性はある


配偶者の同性との性交渉については、立証が困難である


自白を得るか現場を押さえるかしない限り、

配偶者の同性との浮気は離婚事由として主張しづらい



「もしかしたら・・・」と思ったあなた!!

浮気・不倫のチェク方法をご参考にしてみてください。

3つ以上当てはまったら、要注意!!

その時は、無料相談をご利用ください。

無料相談はこちら↓↓↓

相談無料24時間受付中 探偵事務所アイヴィ・サービス

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional